一つ上の投資家を目差して

賢明なる投資家を目指すNEETのブログです!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
証券業界の最大手
ヒト・モノ・カネを使うだけ使って、日本経済にプラスにならない企業
今回は批判的です

数値はすべてMSNマネー参照
評価順番は日経平均プロフィールの銘柄一覧順
計算しやすくするため実際値と多少の誤差があります

企業名:野村ホールディングス コード:8604
企業の概要:証券最大手で独立系。旧リーマン・ブラザーズの欧州・アジア事業承継。業績予想は非開示

03/04現在 時価総額:1,900 十億 株価:511
----------------------------------------------

10年間の推移(百万単位で表示)
年____純利益______長期債務______発行済株式数
01__181,670_____1,357,498______2.0(十億)
02__168,046_____1,754,854______2.6(十億)
03__10,114______2,269,370______1.9(十億)
04__172,329_____2,385,469______1.9(十億)
05__94,732______2,827,552______1.9(十億)
06__256,628_____3,598,599______1.9(十億)
07__175,828_____5,002,890______1.9(十億)
08__-67,847_____5,224,426______1.9(十億)
09__-708,192____5,483,028______2.6(十億)
10__67,798______7,199,061______3.7(十億)

・純利益は・・・・’09年の売上高664,511百万円に対して、売上総利益マイナス252,609百万円、粗利益率マイナス38%です。・・・粗利がマイナスなんて初めてです。
・長期債務は年々増加しています。売上高、純利益共に増加していません。返済できるのでしょうか?
・発行済株式数は’09、’10年に増加しています。リーマンの事業部、買収の影響でしょうが、そんな余裕あるのでしょうか?

----------------------------------------------

貸借対照表(B/S)5年間の推移(百万単位で表示)
年____現金______負債比率_____ROE
06__1,510,072____15.98_____14.7%
07__956,710______15.41_____8.0%
08__1,265,366____11.69_____-3.4%
09__1,150,650____15.13_____-46.0%
10__1,217,556____14.15_____3.2%

・現金は長期債務に対して、全然足りていません。
・子会社に銀行業があるので、負債比率は高いです。
・ROEは’09年に46%です。これがプラスならいいのですが・・・

----------------------------------------------

貸借対照表(B/S)5年間の推移(百万単位で表示)
年___営業CF______投資CF
06__-434,114_____-4,678
07__-1,627,156___-533,813
08__-647,906_____-102,019
09__-712,629_____-98,905
10__-1,500,770___-269,643

・営業CFは常に赤字です。ビジネスモデルに問題があるようです。
・投資CFも常にマイナスです。証券業という性質から営業CFがマイナスで投資CFがプラスなら投資で成功していると考えることができます。しかしこの場合はどちらの活動も利益を出していません。もちろん財務活動はプラスです。このままでは長期債務は増加し続けて、足りない分を増資で補うことになります。

----------------------------------------------

総合評価

長期投資:リスクが高すぎます。長期投資はやめておきましょう。

バリュー投資:バリュー投資としてもやめておくべきです。

就職先として:止めておいたほうがいいでしょう。

評価コメント:さすが財務と金融のプロの意見により純利益が黒字の年が多いです。しかし事実であるキャッシュフロー計算書を見ると、最先端の金融工学の信頼性に疑問が残る結果となりました。



以上です。
最後にココでは、ほぼ定量分析しかしていません。定性的な分析たとえば中・長期の経営陣の戦略や、株主のことを考えているか?あるいは企業文化に問題はないか?などなどほとんど触れていません。あくまで今回調べたのは簡略的な投資判断と日経225銘柄の数値的な強さを見るためです。賢明な投資家はこの記事を基に投資はしないでください。



にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://uewomezasumono.blog57.fc2.com/tb.php/220-71ba3d5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。