一つ上の投資家を目差して

賢明なる投資家を目指すNEETのブログです!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
変化が求められる百貨店。
3年分のデータしかありません。

数値はすべてMSNマネー参照
評価順番は日経平均プロフィールの銘柄一覧順
計算しやすくするため実際値と多少の誤差があります

企業名:J.フロント リテイリング コード:3086
企業の概要:07年に百貨店大手の大丸と松坂屋HDとが統合。百貨店グループ国内2位、関西、中京圏が地盤

02/13現在 時価総額:236,481 百万 株価:441

----------------------------------------------
10年間の推移(百万単位で表示)
年__純利益_____長期債務____発行済株式数
08__20,547____55,073____528.7
09__7,178_____38,121____528.7
10__8,175_____74,612____528.9

・純利益は金融危機の影響で、減少しています。
・長期債務額は増加しています。
・発行済株式数は毎年、償却はしているようです。

----------------------------------------------

貸借対照表(B/S)5年間の推移(百万単位で表示)
年___現金______負債比率_____ROE
08__39,093_____1.62______6.7%
09__33,951_____1.52______2.3%
10__44,879_____1.56______2.6%

・現金は長期債務の増加により増えています。
・負債比率はほぼ横ばい状態です。
・ROEは景気のいい年で6.7%です。

----------------------------------------------

総合評価

長期投資:長期投資はお勧めしません。

バリュー投資:積極的投資家以外はバリュー投資としてもやめておくべきです。

就職先として:統合したメリットがまだ見えてこないので、止めておいたほうがいいと思います。

評価コメント:3年分のデータなので何ともいえません。競争優位性が崩れた2大百貨店の統合により、どこまで経営の効率化ができるかわかりません。
ちなみに粗利益率は例年、約24%です。



以上です。
最後にココでは、ほぼ定量分析しかしていません。定性的な分析たとえば中・長期の経営陣の戦略や、株主のことを考えているか?あるいは企業文化に問題はないか?などなどほとんど触れていません。あくまで今回調べたのは簡略的な投資判断と日経225銘柄の数値的な強さを見るためです。賢明な投資家はこの記事を基に投資はしないでください。




にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://uewomezasumono.blog57.fc2.com/tb.php/200-1220c109

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。