一つ上の投資家を目差して

賢明なる投資家を目指すNEETのブログです!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シャープは鴻海から資金援助を受けるかあるいは産業革新機構から支援を受けるかの話が話題になっていますが、そういったのは気にせず本日もシャープの比較分析をしていきます。

 本日は貸借対照表の流動資産を比較します。
スポンサーサイト
最近シャープが鴻海から資金援助を受ける話が話題になっていますが、そういったのは気にせず本日もシャープの比較分析をしていきます。

 本日は損益計算書の五つの利益を比較します。
シャープの損益計算書を調べます。

前回に続いて営業費用の分析です。この10年間でシャープはリストラや経営改革について報道されているのですが、一向にコスト削減ができていないようです。不思議に思い今回は営業費用の内訳を調べていこうと思います。
今回は海外企業との比較は行いません。
シャープと比較会社の損益計算書を2005年から2015年の推移を調べます。また、各項目から経営指標を算出し定量的な経営力を評価します。(サムスン電子は2015年分がまだ出ていないので2014年までのデータで比較します)

 本日は損益計算書の営業費用である一般管理費と研究費を比較します。
シャープと比較会社の損益計算書を2005年から2015年の推移を調べます。また、各項目から経営指標を算出し定量的な経営力を評価します。(サムスン電子は2015年分がまだ出ていないので2014年までのデータで比較します)

 本日は損益計算書の最初の項目である売上高と売上総利益そして経営指標となる粗利益率を比較します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。